29年12月の京都観光

29年12月の京都観光

2017年12月01日(金)1:52 PM

 

紅葉シーズンも終わり、これから益々寒くなっていく京都。底冷えしますが、冬の京都観光も中々いいものですよ。師走で「せわしない」ですが今年が終わる前に、京都観光はいかがですか!冬の京都観光も便利で快適な「聖京都観光タクシー」にお任せ下さい!!

北野天満宮・献茶祭 12月1日 祭典10時~

天正15年に、豊臣秀吉が催した北野大茶会にちなんだ行事です。毎年、茶の各家元が輪番でつとめ、献茶の儀の後、境内の明月舎・松向軒・上七軒の歌舞練場などで茶席が設けられ、終日賑わいをみせます。

地主神社・しまい大黒祭 12月3日 14時~

1月の京都観光:地主神社1年間の縁結び地主祭をしめくくるお祭りです。参拝の方全員に「こづち守り」が授与されます。新年の干支の絵馬も授与されます(1枚500円)

 

千本釈迦堂・成道会法要と大根だき 12月7日・8日

厄除けの大根だき供養は、釈迦が悟りを開いた日を記念した催事です。無病息災を祈願した大根が参拝者に振舞われます。

虚空蔵法輪寺・針供養 12月8日 13時~14時

全国から集まった針の供養をし、技芸上達を祈願します。法要の際は、蒟蒻に大針をさして供養します。

嵐山・花灯路 12月8日~17日 17時~20時30分

渡月橋周辺をはじめ、竹林や周辺寺院・神社・文化施設がライトアップされ、特別拝観・開館が行われます。

安井金比羅宮・終い金比羅 12月10日 10時~

1月の京都観光:安井金比羅宮この日から初金比羅の1月10日まで、縁起物の「稲宝来」が参拝者に授与されます(3,500円)稲宝来は稲穂に紅白の折鶴・松竹梅などを配した神礼です。

 

北野天満宮・大福梅の授与 12月13日 9時~(初日のみ8時30分~)

疫病が平癒した故事により、採集した梅を土用干しし、梅干として裏白(シダ科の植物)とともに授与されます。一袋500円。元旦の朝にお茶の中に入れて飲むと無病息災があるとされています。長蛇の列ができる縁起物で、なくなり次第終了です。お早めに!!

花街・祇園など 事始め 12月13日 10時~

12月13日にお正月の準備を始め、お世話になった方々に挨拶に行く風習です。

六波羅蜜寺・かくれ念仏(空也躍躍念仏)12月13日~31日 16時~(31日は非公開)

京に疫病が流行したとき、空也上人が救済を願って始めた踊りで、空也躍躍念仏とも言われています。期間中16時頃から約30分、踊りが行われます。

山科義士まつり 12月14日 10時~ (小雨決行)

毘沙門堂~瑞光院~岩屋寺~大石神社、四十七士の歩んだ道をたどります。大石内蔵助を偲んで昭和49年から始められたお祭りです。

法往寺・義士会法要 12月14日 11時~

大石良雄(内蔵助)が仇討ちを祈願した「身代わり不動」と47士の木造が安置されているお寺です。舞妓さんによるお点前・島原太夫の太夫道中・討ち入り蕎麦の接待があります。
料金1,000円(お茶席・お蕎麦・拝観料)

東・西・両本願寺・煤払い 12月20日

西本願寺7時~、東本願寺9時~。全国から門信徒・奉仕団の人々が行う、1年を締めくくる大掃除です。広大な堂内の畳を叩き、大団扇で一斉に埃を堂外に仰ぎだします。京都の名物の一つで、これがニュースで流れると、今年も残りわずか、もうすぐお正月だと実感します。

東寺・終い弘法 12月21日 8時~16時

京都世界文化遺産:東寺「弘法さん」で親しまれる市の今年最後の縁日。縁起物から日用品・植木・骨董品まで、広い境内に所狭しと並べられ、終日賑わいをみせます。

 

鈴虫寺・納めの地蔵 12月23日・24日 

10時~大根焚き 24日11時~納めの地蔵法要
12月24日は今年最後のお地蔵様の縁日で、23日・24日は大根焚きが行われます。お地蔵さまとは地蔵菩薩で、生命を育む「大地」を象徴する仏さまです。大地に根をはり大きく育つ大根を焚いて感謝と共に、来年の無病息災・恋愛成就・安全祈願・家庭隆盛・出世・商売繁盛をお祈りします。

北野天満宮・終い天神 12月25日

祭神の菅原道真が生まれ、流され、亡くなった日がいずれも25日だといわれ、縁日が開かれます。今年最後の縁日は終日賑わいをみせます。この日は日没から21時まで境内がライトアップされます。

知恩院・御身拭式 12月25日 13時~

御厨子の中に安置されている元祖法然上人の木造を、香染めの羽二重で拭う儀式です。本年は御影堂大修理のため、法然上人御堂にて行われます。

清水寺・除夜の鐘予約受付 12月25日 9時~

整理券が1人1枚配られ、2人で1回撞くことができます。

八坂神社・をけら詣り 12月31日

大祓式15時~、除夜祭19時~。
「をけら詣り」の風習は京都ならではのものです。大晦日の楽しみの1つです。古くから「をけら火」を吉兆縄に点火し、消えないようにくるくると回しながら家に持ち帰り、神前に灯明し正月のお雑煮を炊く時の火種として使い、1年間の無病息災を願います。

北野天満宮・火之御子社鑚火祭 12月31日

大祓16時~、火祭19時半~。
火の神である火之御子社で斎火をおこし、参拝者は火縄に点火して家に持ち帰ります。天満宮のをけら詣りと親しまれています。



簡単なご質問等はこちらからどうぞ。

過去の記事


聖京都観光タクシー
モバイルサイト
京都