29年11月の京都観光

29年11月の京都観光

2017年11月01日(水)12:45 PM

 

■北野天満宮・お土居・もみじ苑公開 ライトアップ 10月28日~12月3日
12月の京都観光:北野天満宮御土居は豊臣秀吉が京都の周囲に築いた土塁。北野天満宮の御土居は、原型に最も近く、御土居の脇に流れる紙屋川に紅葉が映えてとても綺麗です。700円(茶菓子付)
10時~16時 ライトアップ日没~20時




■宝鏡寺・秋の人形展 11月1日~30日 10時~15時半
皇女和宮ゆかりの「百々御所」と呼ばれた尼門跡寺院。数多くのお雛様や御所人形を伝える人形の寺です。狩野探幽筆と伝わる「秋草図」や河股幸和筆の襖絵で知られる本堂では、普段閉ざされている「上段の間」も特別公開されます。60周年記念の書院特別公開のほか、「鶴亀の庭」の紅葉も見所です。


■護王神社・亥子祭 11月1日 17時~21時
護王神社旧暦10月(亥の月)、初亥の日に新穀でお餅をついて、配り子孫繁栄・無病息災を祈願したことにちなむ神事です。





■東福寺・看楓特別公開 11月1日~11月30日 8時半~16時
秋・紅葉おすすめスポット:東福寺東福寺の楓は宋国原産の三葉楓で、葉先が3つに分かれていて黄金色に色付くのが特徴です。
*通天橋・普門院庭園 *方丈庭園 *国宝 龍吟庵方丈庭園 各400円です。



■来迎院・宝物展   11月1日~11月30日
 絵巻と曼茶羅、良忍上人の掛け軸他を特別公開されます。500円

■青蓮院門跡・「茶室好文亭」特別公開 11月1日~30日
 好文亭は後桜町上皇が、ご学問所として使われた建築物です。明治以降は茶室として活用していましたが、事件に遭い消失。その後支援によって竣工されました。期間中は正式な茶道のお点前を楽しんでいただけます。1,000円(抹茶または煎茶・菓子付)+通常拝観料金500円

■曼殊院門蹟・夜間拝観  11月1日~11月30日 17時~21時
 宝物や庭園のライトアップが行われます。600円

■神護寺・大師堂特別公開 11月1日~11月7日
秋・紅葉おすすめスポット:神護寺板彫り弘法大師像が公開されます。
金堂夜間特別拝観:11月5日~11月19日、17時~19時、800円




■狸谷山不動尊・秋祭り  11月3日 
 山伏による柴灯大護摩供が行われます。境内では「力だんご無料接待」先着1,000名。おつながり参拝参加者には、「おつながり布まもり」を授与500円

■知恩院・秋の紅葉ライトアップ 11月3日~12月3日 17時半~21時
 阿弥陀堂や庭園「友禅苑」、紅葉の名所「黒門坂」がライトアップされます。800円

■六道珍皇寺・特別公開 11月3日~6日 23日~27日 9時半~16時半
 本尊・薬師如来坐像(重文)や閻魔大王像、小野篁の像を安置。「冥土通いの井戸」「黄泉がえりの井戸」の二つの井戸、地獄絵「熊野観心十界図」などが特別公開されます。

■宝泉院・秋の夜灯り 11月4日~12月3日 17時45分~21時
 額縁庭園で知られる宝泉院では、夜灯りに灯された庭園を眺めながら秋の夜のひと時を過ごせます。

■真如堂・十日十夜別時念仏会  11月5日~11月15日
秋・紅葉おすすめスポット:真如堂十日十夜の間、念仏を唱え、極楽往生を願う行事です。15日にはお練法要も行われ、ご本尊の間際まで近づいて参拝することができます。中風よけの小豆粥(有料)の接待もあります。




■永観堂・秋の寺宝展、ライトアップ  11月7日~12月6日
 ライトアップは17時半~21時、600円。二十五菩薩来迎図(重文)、當麻曼荼羅縁起(重文)、釈迦三尊像(重文)などを公開。ライトアップは阿弥陀堂、画仙堂と庭園のみの拝観できます。


■金戒光明寺・秋の特別拝観  11月10日~12月3日 9時~16時
浄土宗の大本山。幕末の会津藩や新選組ゆかりの地としても知られています。枯山水庭園「紫雲の庭」と回遊式庭園。運慶の作とされる文殊菩薩像・吉備観音像(重門)・仕掛けのある「虎の襖絵」・伊藤若冲筆「群鶏図押絵貼屏風」・会津藩主 松平容保の遺墨・藩士の鎧兜などの寺宝、三門楼上内部を特別公開。



■宝厳院・夜間特別拝観  11月10日~12月3日 17時半~20時15分
秋・紅葉おすすめスポット:宝厳院「獅子吼(ししく)の庭」は、江戸時代の「都林泉名勝図会」に紹介された、洛西の名園中の名園です。





■大覚寺・ライトアップ「真紅の水鏡」 11月10日~12月3日 17時半~20時
 境内・大沢池周辺がライトアップされます。

■清水寺・夜間特別公開とライトアップ 11月11日~12月3日 18時~21時
 清水の舞台がライトアップされます。

■嵐山もみじ祭・嵐山一帯   11月12日 雨天中止
 嵐山一帯を守護する嵐山蔵王権現に感謝する祭りです。小督船・能舞台船・狂言船などが大堰川に浮かびます。

■天得院・秋の特別拝観 11月16日~12月3日 17時~20時半
 スギゴケに覆われた庭に凛と咲くキキョウが有名です。紅葉が始まり、スギゴケと紅葉の観賞を楽しめます。

■清水寺・成就院庭園特別拝観 11月18日~12月3日 18時半~20時半
 借景式・池泉観賞式の庭園で、「月の庭」と呼ばれる国指定の「名勝」。

■雲龍院・夜の特別拝観 ライトアップ 11月18日~26日 10時~20時半
ドライバー紹介:雲龍院御寺泉涌寺の別院で「走り大黒」がある。昼夜入れ替えなしです。




■無鄰菴・「庭行灯」庭師と眺める秋の庭園 11月18日~23日 17時半~21時
ドライバー紹介:無りん庵庭園のライトアップと共に、庭師がガイドされます。






■勝林寺・秋の特別拝観、ライトアップ 11月18日~12月3日  
 昼夜入替なし10時~19時半、600円。東福寺の鬼門を守る勝林寺。秘仏毘沙門天の体内仏である秘仏中の秘仏、「毘沙門天三尊」を250年の時を経て御開帳されます。

■直指庵 道場(阿弥陀堂)秋の特別公開 11月18日~12月3日
阿弥陀如来坐像をお祀りする道場(阿弥陀堂内)で寺宝が展示されます。500円 






■霊鑑寺 11月18日~12月3日
代々皇女が入寺されたことから「谷の御所」と呼ばれた尼門跡寺院で、尼宮たちの雅な暮らしを偲ばせる御所人形など貴重な寺宝が残されています。後西天皇の院御所の御殿を移築した書院は、狩野派の作と伝わる「四季花鳥図」などの華麗な障壁画と、本堂には如意輪観音像を安置されています。山裾に広がる回遊式庭園は、樹齢350年を超えるタカオカエデをはじめ、色鮮やかな紅葉が見事な美しい庭園です。

■地主神社・もみじ祭 11月23日 14時
 秋の豊作と縁結びのご利益に感謝し、家内安全・商売繁盛を祈願するお祭りです。紅葉を手にした巫女が、神への感謝の意を込めて神楽「もみじの舞」「剣の舞」「扇の舞』」奉納します。この他、お火焚の神事も行われます。



簡単なご質問等はこちらからどうぞ。

過去の記事


聖京都観光タクシー
モバイルサイト
京都